イメージ画像

ゲートウェイ・エクスペリエンス

「ヘミシンクを本格的にやりたい」という方におすすめするのは、
間違いなく、

ゲートウェイ・エクスペリエンスThe Gateway Experience Wave I-VI (日本語版) です。
 現在、1巻~6巻が販売されており、1巻ごとに3枚のCDが入っています。


ですから、6巻までそろえると、18枚のCDとなり、CD1枚には2つのエクササイズがはいっていますので、合計36個のエクササイズを行なうことができます。

1巻のCDから徐々にエクササイズのレベルが上がっていき、最終的には、フォーカス21にて探索を行なうのがこのゲートウェイ・エクスペリエンス The Gateway Experience Wave I-VI (日本語版)  です。

私が初めて体外離脱をし、自分自身が肉体を超えた存在であることを実体験したCD集でもあります。

 

「ヘミシンクを語るなら、これをやっておけ!!間違いないから!!」

そう言わせるようなCDです。

 

pink01.gif~せっかく、ゲートウェイを買うのでしたら~pink01.gif

ヘミシンク正規代理店のなごみ館で買われてはいかがですか?

pc_26_04.gifなごみ館でゲートウェイ・エクスペリエンスをさがす pc_26_04.gif

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:おすすめヘミシンクCD

9 ワクワクであること

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

最後(9つ目)は、「ワクワクであること」です。

 

毎日、楽しんでヘミシンクをやっていますか?
いつのまにか、望みが大きくなってなっていませんか?
いつのまにか、やらなきゃならない。と強制的になっていませんか?

 

ヘミシンクをやられている方。特に初心者の方の中には、いつのまにか、ヘミシンクをやることがつらくなっている人がいます。なかなか効果を体験できないことへのいらだち、あせり、強すぎる感情。本来、ヘミシンクは楽しんで行うべきです。もし、あなたがヘミシンクをやることに必死になっているとしたら、要注意です。

 

ヘミシンクの最大の効果を望むなら、あなた自身が楽しんで、ワクワクの気持ちで望んでください。ワクワクや楽しむという気持ちが、あなたから余分な力をぬけさせ、心も身体もリラックスすることができるのです。

 

ゲートウェイ・エクスペリエンスCDの中には「心身ともにリラックスしてください」と言われます。それは、身体の力みだけではなく、心の力みも抜いてくださいと言う意味なんです。心の力みを抜く最高の方法はやっぱり、楽しむことなんです。笑顔なんです。

 

ヘミシンクの効果を実感できないのでしたら、自分が必死になりすぎていないか、確認してみてくださいね

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

ヘミシンクを損失なしで取り込む方法

前回は、ヘミシンクとMP3の話をしました。
ヘミシンクをやるにはやっぱりMP3は向いていない。ということですよね。

では、MP3が使えないとしたら、どうすればいいのか?

今回は

・ aicon365.gifヘミシンクを無圧縮で損失なしでパソコンに取り込む方法

の話をします!!

 

まず、ヘミシンクの音声を損失なし(無圧縮)で取り込む方法です

CDの音声データを無圧縮でとりこむには、CDの音声をWAVE(ウェーブファイル)形式として取り込みめばOKなんです。マックを使っている方はAIFF(アイフ)という形式で取り込みます。

 

それでは実際に取り込む方法ですが、一番簡単なのは

iTunes(アイチューンズ)を使います。
http://www.apple.com/jp/itunes/


このiTunesは、アップルが開発し無料配付している、メディアプレイヤーで通常、iPodなどの管理などに使われています。iPodを使っていれば必須のソフトですが、iPodを使っていなくてもいろいろと利点がありますので、ぜひ、パソコンにセットアップしてください。

 

maru01.gifmaru01.gif

パソコンにiTunesのセットアップが終わりましたら、iTunesを起動して
ドライブにヘミシンクのCDを入れます。

ヘミシンク iTunes 取り込み

CDを入れますと、左の欄に「デバイス」という表示が現れ、このように、CDの内容が表示されます。

そうしましたら、「インポートの設定」をクリックしてください。

 

iTunesの設定

インポートの設定の中、「インポート方法」のプルダウンメニューを表示させ

WAVエンコーダ」を選んでください。

マックの場合には、WAVエンコーダは無いかもしれません。その場合は「AIFFエンコーダ」を選んでください。

OK」ボタンを押します。

 

iTunes リッピングの方法

 

設定が終わりましたら、ウィンドウの右下「CDをインポート」を押せば、
取り込み作業(リッピング)が開始されます。

 

iTunesの利点は、設定が簡単なことと、
取り込んだ音声の名前を、ネットから自動で取得する能力がたけている点です。

じつは、Windowsの場合、メディアプレイヤーでも取り込み作業ができます。
ですが、リネーム(名前を自動で書き変えてくれる)が非常に悪いんです。
iTunesでのリネームは完璧とは言い難いですが、若干の修正でOKなので助かります。

 

ちなみに、ゲートウェイ・エクスペリエンスのCD18枚をすべてパソコンに取り込むと
12.5GBの容量が必要です
のでご注意ください。

 

次回は、「じゃあ取り込んだデータをどうやって活用するんだ?
という話をします。w01.gif

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

5 わかるという感覚

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

5つ目は、「わかるという感覚」を大事にする。です

 

ヘミシンクの体験をするときに、多くの人は「見えること」視覚に集中してしまいます。映像が浮かんでくると願い、そこに集中してしまうんですね。多くの人はヘミシンクの効果を話すときの多くが視覚的表現なことも理由にあるかもしれません。

しかし、視覚に集中するということは、この物質社会に依存しているということです。

実際には、誰かがいる気配を感じたり、匂いがしたり、味を感じたり、肌で風を感じたりすることもあります。ですから、視覚だけにこだわらない方が多くのヘミシンクの効果を体験することができます。

ですが、それらの体験のもとはすべて、インスピレーション的に「わかる」といういわゆる直感やひらめき、覚知などから始まる体験です。

 

これは、何かに依存することなく、求め選ることなく、ただ、わかろうと準備をしておく。これも取っても大切なことなんです。

ただ純粋に「わかる」ことを待っている。その信号を逃すことなく待っている。そんな意識も大事なんです。

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

4 積極的に想像してみる

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

4つ目は、「積極的に想像してみる」です。

 

ヘミシンクというのは、じつはバランスが大切なんですね。
心が堅くなるように意識しすぎてもダメだし、
なにも考えずに聴いているだけでは、寝てしまうだけです。

 

そこで、あえて、自分から想像(イメージ)をしてみてください。
 

たとえば、家族の顔だったり、自分の部屋だったり、旅行先の風景であったり、会社や学校の風景であったり・・・。

自分から想像するのですが、ただ、悩み事や気になることはできるだけ避けてください。
 

CDを聴いてるときに、イメージを視覚で見ようとすると真っ暗な状態でなかなか効果をえることができません。そうではなくて、自分から想像するというきっかけを作るのです。

 

そのきっかけによって、見たこともないようなイメージが浮かび上がってくるようになってきます。

 

あまりにも、ヘミシンクの効果を感じないときには、「想像をする」というきっかけを作ることは非常に効果が高まりますので、ぜひ、実際にやってみてください。

 

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

3 流れに身をまかせる

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

3つめは、「流れに身をまかせる」です。

 

ヘミシンク音声を聴いている最中は、どんなことが起きようとも流れに身をまかせてください。
いろんな映像が浮かんでくる場合があります。でも、その映像がなぜ浮かんできたのか?何を伝えようとしているのか?そのようなことは考えることなく、ただ、ただ観察するだけにします。流れに身をまかせるのです。

目的と違うような体験が始まったとしても、否定しないでください。
元に戻そうとしないでください。
どんなことが起きても、すべてを流れに身をまかせるのです。

 

「目的と違う体験なら、初めから目的意識を持っても意味ないじゃないですか?」

いいえ、目的を明確にしたから、向こうから働きかけがあったということです。
どんな意味かわからなくても良いのです。あとからわかることも多くあります。

 

ただひたすらに、感じ、観察し、身をまかせ、それを受け入れるようにしてください。

 

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

ゲートウェイ・エクスペリエンスとは?

ゲートウェイ・エクスペリエンスGateway Experienceとは、

意識を拡大した状態を達成し、探求し、適応していくための自宅学習用プログラムです。

(ヘミシンクを本格的に学習したい人向けです)

 

内容は、モンロー研究所で開催されている、ゲートウェイ・ヴォエッジという、一週間滞在プログラムから生まれました。

1980年代から初期バーションが開発され、長年の改良を積み重ねています。
日本語バーションは2005年から販売を開始しました。

 

このCDセットは
Wave1~Wave6までの6つのアルバムで構成されています。

Wave1 ディスカバリー(発見)
Wave2 スレッショルド(境界点)
Wave3 フリーダム(自由)
Wave4 アドベンチャー(冒険)
Wave5 エクスプロアリング(探索)
Wave6 オデッセイ(旅)

 

各アルバムはそれぞれCD3枚で構成され、全部で18枚になります。

1枚のCDには2トラック入っていますので
36のエクササイズが収納されています。

 

この内容を見ますと、
かなりお得の内容となります。

私自身の感想としては、ヘミシンクを体験するにはこの
ゲートウェイ・エクスペリエンスは最適です。
と、いいますか、このCDセット以外にはヘミシンクCDは必要ないくらいに良いセットです。

w03.gif  アマゾンでゲートウェイ・エクスペリエンスを探す

 

maru05.gifmaru05.gif

ゲートウェイエクスペリエンスの内容

 

Wave1 ディスカバリー(発見)
 CD1  1 オリエンテーション     
     2 フォーカス10 序章   

 CD2  3 フォーカス10 アドバンスド
     4 リリースとチャージ

 CD3  5 探索と睡眠
     6 フリーフロー

 

Wave2 スレッショルド(境界点)
 CD1 1 フォーカス12への招待
    2 問題解決

  CD2 3 一ヶ月のパターニング
    4 色呼吸

  CD3 5 エネルギー・バー・ツール
    6 生体マップ

 

Wave3 フリーダム(自由)
 CD1 1 浮上
    2 リモート・ビューイング

 CD2 3 ベクトル
    4 五つの問い

 CD3 5 エナジー・フード
    6 初めての体外離脱

 

Wave4 アドベンチャー(冒険)
 CD1 1 向こう1年のパターン化
    2 五つのメッセージ

 CD2 3 フリーフロー(自由遊泳)フォーカス12
    4 非言語交信(NVC)1

 CD3 5 非言語交信(NVC)2
    6 交信のポイント12

 

Wave5 エクスプロアリング(探索)フォーカス15への旅
 CD1 1 フォーカス12上級
    2 直感の発見

 CD2 3 直感の開拓
    4 フォーカス15への入門

 CD3 5 ミッション15 創造と具現化
    6 フォーカス15の探検

 

Wave6 オデッセイ(旅)フォーカス21への旅
 CD1 1 ローカル1を覚知する
    2 ローカル1での拡張

 CD2 3 出発点
    4 非物質の友人

 CD3 5 ローカル2への移動 フォーカス21への招待
    6 フォーカス21でのフリーフロー(自由遊泳)

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクの種類

ヘミシンクにはどんなCDがあるの?

ヘミシンクCDは大きく分けると

1 ゲートウェイ・エクスペリエンス

2 シングルタイトル

3 アルバムシリーズ

4 メタミュージック

 

の4つに分けられます。
各項目で細かく説明させていただきます。

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクの種類

このページの先頭へ