イメージ画像

環境について

ヘミシンクをやるときの環境についての話をします。

ヘミシンクをやるときに最も注意したいのは、外部的刺激です。

たとえば、ヘミシンクの最中に声を掛けられたり、身体に触れられたりすると、一瞬にしてフォーカス1(通常C1と呼ぶ (Consciousness 1))に戻されます。そうすると、かなりのストレスを感じます。

すごく調子よく体験できているときに、外部的な刺激を受けると、非常にイライラしますし、ストレスが貯まってしまいます。ですからヘミシンクをやる環境は十分配慮してください。

大切なポイントです。

1 部屋を暗くする
  昼間はカーテンなどを閉めてできるだけ暗くします。じつは、肌というもの光などの刺激に反応しますので、できるだけ暗くして下さい。カーテンは遮光カーテンを使うと良いですね。

 

2 アイマスクをする
  部屋を暗くしてもアイマスクをするようにして下さい。視覚的刺激を減らすことができます。アイマスクがなければ大きめのタオルなどをのせることで代用もできます。

アイマスクを選ぶポイントはこちら!!

 

3 音を減らす
  外部的な音をできるだけ、少なくします。ヘミシンクをやるときは窓を閉めたり、ドアを閉めたりしてください。また、大きめのタオルでヘッドフォンをした耳のまわりに包み込むことでさらに外部の音を減らすことができます。

 

4 やることを言っておく
  家族などに、「勉強用の音声を聞いているから、その最中は絶対に声を掛けないで」
 「途中、ウ~とか ア~とか越えだしているかもしれないけれど、そういうトレーニングもあるから気にしないで」など、一言いっておきましょう。

 

その他 なかなか一人になれない場合には、自家用車など車の中でやるのも手です。
静かな環境へ来るまで移動してやるのも良いかもしれません。

 

家族で暮らしていると、日常生活の中で一人になれる時間は限られていると思います。
そのなかでも、できるだけ、環境をととのえ実践することが、短時間で上達するための道です。焦らずに、1歩1歩進んでいきましょう。

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

姿勢について

ヘミシンクをやるときの姿勢についてです。

 

基本的にはどんな姿勢でも問題はないのですが、一番リラックス出来る姿勢、身体、筋肉に力が入らないことが大切です

一般的には、ベッドや布団に仰向け(あおむけ)に横になります。
ゆったりとしたソファーやイスでもOKです。そのとき、首の安定も大切ですから、不安定なら安定させるようになんらかの措置をしてくださいね。

 

ここで、重大なポイントは、寝ないことです。
ヘミシンクをやると、そのまま寝てしまう人が非常に多いです。
寝てしまうと、まったく効果がないわけではありませんが、最大の効果を引き出すことができませんので、寝ないように心がけて下さい。

 

どうしても寝てしまう場合には、瞑想や座禅のポーズでもOKです。
なれていないとどうしても、どこかに力が入ったり、しますので初心者向けではないのですが、何度やってもヘミシンク中寝てしまう場合には、こういったポーズにも挑戦してみて下さい。

また、普段寝ている布団やベッドの上ですと、どうしても、寝るスイッチが入りやすいので、別の場所でやるのも手です。

わたしはヨガマットを使い、リビングや台所など、普段寝る場所とはまったく違い場所でやったりするときもあります。正直、その方が寝ずにいろいろな体験ができる場合が多いです。
(あくまでも個人体験ですよ)

 

基本的に姿勢のルールはありませんが、

1:寝ないこと

2:力まないこと

 

この2つに注意して下さいね。

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

服装について

ヘミシンクをやるときの服装等についてです。

 

服装は、できるだけリラックスできるように、身体を締め付けないものが良いです。
ジャージやスエットなどがよいかもしれません。

肌の露出が多いと、その分、外部からの刺激に反応しやすいので注意して下さい。

 

また、時計やメガネ、コンタクトレンズなどをはずします。
ネックレスなどの装飾品も外した方が良いかもしれません。

 

ケータイ電話は、できれば電源を切った方が良いでしょう。
ヘミシンクの最中に着信があると、すごくイヤな気分になりますので。

 

外部からの刺激はできるだけ避けた方が良いので、そのような環境をつくることはとっても大切です。

 

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

食事、水分補給、適度な運動

ヘミシンクを始める場合には、
食後1時間ぐらい経ってから始めるようにして下さい。

また、アルコールや薬、多量のカフェインなどを摂取していると、ヘミシンクの効果を下げる場合があります。

 

~~~~

食後は、どうしても、消化のため内臓が活発に動いています。
また、血液中の血糖値の変化により、どうしても眠くなりやすいです。
 

食べ物を消化をしなければならないときに、ヘミシンクなどで身体を眠る状態に誘導してしまうと、ヘミシンクのエクササイズ終了後、身体のだるさ、胸焼け、胃酸の出過ぎ、吐き気を模様する場合があります。

どうしても、1時間を空けられない場合には、軽い食事を心がけ、あまり食べ過ぎないようがいいです。これは、ヘミシンクをするからではなく、健康のため。やっぱり食べ過ぎはよくないですからね。

 

水分はなるべく摂取するようにして下さい。
身体の中に新鮮な水を多く取り込むことにより、エネルギーの循環を促進させます。
おおむね一日2リットルを目標として下さい。

ただし、過度に(極端に多く)水分を取りすぎるのも良くありません。
こまめにトイレに行く、身体を動かして、循環させること。適度な運動も大切です。

身体が喜ぶストレッチや体操を、一日5分でも良いので実践してみてはいかがですか?

 

 

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

音量(ボリューム)について

ヘミシンクを聴く音量(ボリューム)についてです。

音量は小さめにしてください。

音声ガイダンスの声が聞き取れる程度の音量で十分です。
大きすぎる場合、逆効果になりますので注意をして下さい。

 

ヘミシンクの音は、意図的にほとんど聞こえないように作られていますので、あえてボリュームを上げる必要はありません。

 

ボリュームを上げたからと言って、効果が上がるわけではありません。
急なガイダンスの声でビックリしたりすることもありますのでご注意下さいね。

 

 

 

 

 

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

ヘッドフォンについて

ヘミシンク用のヘッドフォン(ヘッドホン)について

ヘミシンク体験する場合、ヘッドフォンは必須アイテムです。
いくつかのメタミュージックのようにBGMとして楽しむヘミシンク以外では、ヘッドフォンを使用するようにして下さい。(そうしないと効果を得ることができません)

 

選び方のポイントは

1:インナーイヤータイプではなく、耳を包み込むタイプのヘッドフォンであること。
  耳に刺すようなカナルタイプも避ける方が良いでしょう。

2:長時間つけても耳が痛くならないもの
  痛みを感じていては、ヘミシンクに集中することはできません。

3:密閉型とオープンエアーについて
  外の音を遮断し、外部に音を漏らさない観点から、密閉型のヘッドフォンが最適です。

  普段の日常生活では、何気ない生活音が気になるものです。
  (自動車やバイクの音、近所の生活音、家族音など)
  密閉性でしたら、そういった音を軽減できるほか、集中もできますのでおすすめです。

 

おすすめのヘッドフォン

オーディオテクニカ アートモニターヘッドホン
ATH-A500

このヘッドフォンは、ヘミシンク日本での第一人者?であり
モンロー研究所レジデンシャル・トレーナーの坂本政道さんが
おすすめしているヘッドフォンです。

値段は定価1万1800円とちょっと高めですが
アマゾンだとナゼか、かなり安く買えますのでおすすめです。
アマゾンでの紹介ページ(アートモニターヘッドホン ATH-A500)

 

他のおすすめヘッドフォンはこちらからご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エージングについて

ちなみに、ヘッドフォンのパフォーマンス(ポテンシャル)を最大に上げるには
ならし(エージング)が大切です。

エージングとは、車でいう慣らし運転のことです。慣らし運転をすることでヘッドフォンのドライバーユニットがなれていき、ヘッドフォンの能力を最大まで引き出せるようになります。

方法は、普段効いている音楽CDを音量高めで長時間再生させます。

 

具体的には、
1 クラシックなどの音楽CD 1~2時間 (ボリューム高め)
2 ヘミシンクCD1枚  1時間程度 (ボリュームかなり高め)

これで、あなたのヘッドフォンはばっちりです!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

※個人的におすすめするヘッドフォン

私が個人的に使っているヘッドフォンは、BOSE QuietComfort3です。
購入価格6千円程度のヘッドフォンも使っているのですが、安いヘッドフォンだと、レゾナントチューニングがうまくいきません。というか、このヘッドホンを使うとかなり、本当に小さな声でも、体が反響する感じがするので、私がヘミシンクをやるときはいつもこのヘッドフォンです。

今後いろんなヘッドフォンを試していくつもりなので、楽しみにしていてください。

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

このページの先頭へ