イメージ画像

どんなミュージックプレ-ヤーを選べばいいの?

 

前回は、iTunes(アイチューンズ)を使って、パソコンにCDの音声を取り込む方法をご紹介しました。

今回は、そのデータの活用方法です。

 

取り込んだ音声形式はWAVEファイルでした。WAVEファイルとは、音声を圧縮することがないデータとご理解ください。で、聴き方なのですが、Windowsなどでは普通にメディアプレイヤーなので聴く事ができます。

 

ですが、持ち運んで聴きたい場合には、対応機種でないといけないんですね。

 

普通に持っている、MP3プレーヤー(ミュージックプレーヤー)や携帯電話、スマートフォンでは対応していない場合が多いのでご注意ください。

 

対応しているかを確認する場合には、メーカーサイトの商品スペック表(仕様)に

(対応音声形式)

 

aicon343.gif・WAVE (WAV)

aicon343.gif・Liniear PCM (リニアPCM)

aicon343.gif・AIFF

 

この中で、1つでもかかれていればOKとなります。
お持ちのミュージックプレーヤーが対応しているか、確認してくださいね!!

 

~~~~~~~~

y02.gifaicon_219.gifヘミシンクに最適&最強プレイヤーとは?aicon_222.gif   yondene.gif

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

ヘミシンクを損失なしで取り込む方法

前回は、ヘミシンクとMP3の話をしました。
ヘミシンクをやるにはやっぱりMP3は向いていない。ということですよね。

では、MP3が使えないとしたら、どうすればいいのか?

今回は

・ aicon365.gifヘミシンクを無圧縮で損失なしでパソコンに取り込む方法

の話をします!!

 

まず、ヘミシンクの音声を損失なし(無圧縮)で取り込む方法です

CDの音声データを無圧縮でとりこむには、CDの音声をWAVE(ウェーブファイル)形式として取り込みめばOKなんです。マックを使っている方はAIFF(アイフ)という形式で取り込みます。

 

それでは実際に取り込む方法ですが、一番簡単なのは

iTunes(アイチューンズ)を使います。
http://www.apple.com/jp/itunes/


このiTunesは、アップルが開発し無料配付している、メディアプレイヤーで通常、iPodなどの管理などに使われています。iPodを使っていれば必須のソフトですが、iPodを使っていなくてもいろいろと利点がありますので、ぜひ、パソコンにセットアップしてください。

 

maru01.gifmaru01.gif

パソコンにiTunesのセットアップが終わりましたら、iTunesを起動して
ドライブにヘミシンクのCDを入れます。

ヘミシンク iTunes 取り込み

CDを入れますと、左の欄に「デバイス」という表示が現れ、このように、CDの内容が表示されます。

そうしましたら、「インポートの設定」をクリックしてください。

 

iTunesの設定

インポートの設定の中、「インポート方法」のプルダウンメニューを表示させ

WAVエンコーダ」を選んでください。

マックの場合には、WAVエンコーダは無いかもしれません。その場合は「AIFFエンコーダ」を選んでください。

OK」ボタンを押します。

 

iTunes リッピングの方法

 

設定が終わりましたら、ウィンドウの右下「CDをインポート」を押せば、
取り込み作業(リッピング)が開始されます。

 

iTunesの利点は、設定が簡単なことと、
取り込んだ音声の名前を、ネットから自動で取得する能力がたけている点です。

じつは、Windowsの場合、メディアプレイヤーでも取り込み作業ができます。
ですが、リネーム(名前を自動で書き変えてくれる)が非常に悪いんです。
iTunesでのリネームは完璧とは言い難いですが、若干の修正でOKなので助かります。

 

ちなみに、ゲートウェイ・エクスペリエンスのCD18枚をすべてパソコンに取り込むと
12.5GBの容量が必要です
のでご注意ください。

 

次回は、「じゃあ取り込んだデータをどうやって活用するんだ?
という話をします。w01.gif

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

ヘミシンクのMP3化と効果について

今回はヘミシンクのMP3化について書きたいと思います。

そもそもMP3とはなんでしょうか?
MP3とは、デジタル技術によって音響データを圧縮するための技術です。

通常、音楽CDは1411.2kbpsで収録されています。
それを人が聞き取れないであろう音域をカットして、データ容量を小さくすることで、多くの音楽を持ち歩けるようにしました。それがMP3です。

 

では、ヘミシンクの音声をMP3化(圧縮)しても効果があるのでしょうか?

ハート出版:ヘミシンク完全ガイドブックでは

192kbps以上のビットレートで保存することによって、ヘミシンク効果を損なうことなくデータを圧縮できます」との記述があります。

 

ですが、これは日本のアクアヴィジョンアカデミーだけの見解であり、モンロー研究所はそのようなアナウンスは一切していません。

 

少し考えてもらいたいのですが

CDは 1411.2kbps 
MP3は 192kbps

700MBのデータが30MB以下、データ容量で20分の1になります

もっと、分かりやすく言うと

 

無駄な音95%をカットしました!! ga-n01.gif
ということになります。

 

ですので、

私の見解としては ヘミシンクMP3化で効果はあるかもしれないけど100%ではない。

 

もし、あなたがヘミシンクを最短の時間で最大の効果を望むならMP3はやめた方が良い。 そう思います。

 

実際、MP3で圧縮された音声と無圧縮の音声で聞き比べをしたのですが、体感的にまったく違いました。(あくまでも個人的の感想ですよ)

 

では、どうすればいいのか?

簡単です。
無圧縮でCDからデータを取り込めばよいのです!!

 

次回は、そのお話をいたします♪w01.gif

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

このページの先頭へ