イメージ画像

異次元への旅

異次元への旅
著者:藤崎ちえこ
出版社:徳間書店

 

yondene.gif


異次元の旅へ―ガイドやスピリットたちとの出会い、体外離脱が導くもの ヘミシンク・ワークのすべて

 

maru05.gifmaru05.gif

医学博士であり、モンロー研究所の公認トレーナーである藤崎ちえこさんの本です。この本では冒頭、「このワークは究極のところ、自分のエネルギーを浄化するシステムだと思います。」と述べています。

 

自分の感情を浄化して、他の次元の自分と繋がること。それが多くの学びや至福を与えてくれると・・・。

 

人は生きていると、多くの悩みをかかえています。人間関係であったり、ストレスであったり、自暴自棄というか、「どうして私ばっかりこんな目にあわないといけないの?」と思ったり、他人をねたんだり、ひがんだり、また、そんな自分に気がついて自己嫌悪に陥ったり・・・。

 

そんな方の手助けになればと、著者さんは執筆したようです。

 

本の内容は、フォーカスと言うのも説明から、ちえこさんの本人のモンロー研究所での体験記、とくにアメリカでの旅行記は実話でもありかなり面白い内容でした。

 

また、120ページでは、同じワークを行ってもヘミシンクで体験する内容やレベルが違う意味とその理由が書かれています。

ヘミシンクをやる方の中には体外離脱を目標とされているt方も多いと思います。150ページでは、体外離脱するために手放さないといけないものについて書かれています。

体外離脱に興味のある方は読んでみてください。

今の物質世界の中で、肉体的に不自由であったり、病気で入院をされているかともいらっしゃると思います。そんな方にもちえこさんはヘミシンクをすすめています。私もそう思います。「私は肉体を越えた存在であること」それを理解することがその人にとってどれだけの勇気になるのか・・・。

この、「異次元への旅」は本のデザインもかなり堅苦しいのですが、内容や文は”藤崎ちえこさん”の人間性を表したかのように、やわらかくフワフワしていてとてもやさしい文章です。文中のさし絵(イラスト)もカワイらしく癒される絵です。

 

ヘミシンクをやっているけれど、

star01.gif・なんとなく煮詰まってしまった。

star01.gif・効果や体験ができなくてつまらない。

star01.gif・これからどんな経験ができるんだろう?

 

そんな思いのある方はぜひ読んでみてください。この本はハウツー本ではなく、経験談主体の本ですが、気づき、学びが多く収められた本です。

藤崎ちえこさん本人に会って見たくなるような本でした。w01.gif


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク関連書籍

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ