イメージ画像

環境について

ヘミシンクをやるときの環境についての話をします。

ヘミシンクをやるときに最も注意したいのは、外部的刺激です。

たとえば、ヘミシンクの最中に声を掛けられたり、身体に触れられたりすると、一瞬にしてフォーカス1(通常C1と呼ぶ (Consciousness 1))に戻されます。そうすると、かなりのストレスを感じます。

すごく調子よく体験できているときに、外部的な刺激を受けると、非常にイライラしますし、ストレスが貯まってしまいます。ですからヘミシンクをやる環境は十分配慮してください。

大切なポイントです。

1 部屋を暗くする
  昼間はカーテンなどを閉めてできるだけ暗くします。じつは、肌というもの光などの刺激に反応しますので、できるだけ暗くして下さい。カーテンは遮光カーテンを使うと良いですね。

 

2 アイマスクをする
  部屋を暗くしてもアイマスクをするようにして下さい。視覚的刺激を減らすことができます。アイマスクがなければ大きめのタオルなどをのせることで代用もできます。

アイマスクを選ぶポイントはこちら!!

 

3 音を減らす
  外部的な音をできるだけ、少なくします。ヘミシンクをやるときは窓を閉めたり、ドアを閉めたりしてください。また、大きめのタオルでヘッドフォンをした耳のまわりに包み込むことでさらに外部の音を減らすことができます。

 

4 やることを言っておく
  家族などに、「勉強用の音声を聞いているから、その最中は絶対に声を掛けないで」
 「途中、ウ~とか ア~とか越えだしているかもしれないけれど、そういうトレーニングもあるから気にしないで」など、一言いっておきましょう。

 

その他 なかなか一人になれない場合には、自家用車など車の中でやるのも手です。
静かな環境へ来るまで移動してやるのも良いかもしれません。

 

家族で暮らしていると、日常生活の中で一人になれる時間は限られていると思います。
そのなかでも、できるだけ、環境をととのえ実践することが、短時間で上達するための道です。焦らずに、1歩1歩進んでいきましょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ