イメージ画像

ヘッドフォンについて

ヘミシンク用のヘッドフォン(ヘッドホン)について

ヘミシンク体験する場合、ヘッドフォンは必須アイテムです。
いくつかのメタミュージックのようにBGMとして楽しむヘミシンク以外では、ヘッドフォンを使用するようにして下さい。(そうしないと効果を得ることができません)

 

選び方のポイントは

1:インナーイヤータイプではなく、耳を包み込むタイプのヘッドフォンであること。
  耳に刺すようなカナルタイプも避ける方が良いでしょう。

2:長時間つけても耳が痛くならないもの
  痛みを感じていては、ヘミシンクに集中することはできません。

3:密閉型とオープンエアーについて
  外の音を遮断し、外部に音を漏らさない観点から、密閉型のヘッドフォンが最適です。

  普段の日常生活では、何気ない生活音が気になるものです。
  (自動車やバイクの音、近所の生活音、家族音など)
  密閉性でしたら、そういった音を軽減できるほか、集中もできますのでおすすめです。

 

おすすめのヘッドフォン

オーディオテクニカ アートモニターヘッドホン
ATH-A500

このヘッドフォンは、ヘミシンク日本での第一人者?であり
モンロー研究所レジデンシャル・トレーナーの坂本政道さんが
おすすめしているヘッドフォンです。

値段は定価1万1800円とちょっと高めですが
アマゾンだとナゼか、かなり安く買えますのでおすすめです。
アマゾンでの紹介ページ(アートモニターヘッドホン ATH-A500)

 

他のおすすめヘッドフォンはこちらからご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エージングについて

ちなみに、ヘッドフォンのパフォーマンス(ポテンシャル)を最大に上げるには
ならし(エージング)が大切です。

エージングとは、車でいう慣らし運転のことです。慣らし運転をすることでヘッドフォンのドライバーユニットがなれていき、ヘッドフォンの能力を最大まで引き出せるようになります。

方法は、普段効いている音楽CDを音量高めで長時間再生させます。

 

具体的には、
1 クラシックなどの音楽CD 1~2時間 (ボリューム高め)
2 ヘミシンクCD1枚  1時間程度 (ボリュームかなり高め)

これで、あなたのヘッドフォンはばっちりです!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

※個人的におすすめするヘッドフォン

私が個人的に使っているヘッドフォンは、BOSE QuietComfort3です。
購入価格6千円程度のヘッドフォンも使っているのですが、安いヘッドフォンだと、レゾナントチューニングがうまくいきません。というか、このヘッドホンを使うとかなり、本当に小さな声でも、体が反響する感じがするので、私がヘミシンクをやるときはいつもこのヘッドフォンです。

今後いろんなヘッドフォンを試していくつもりなので、楽しみにしていてください。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク聞き方と注意点

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ