イメージ画像

8 小さな積み重ね

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

8つ目は、「小さな積み重ね」です。

 

ヘミシンクのCDを聴いたからと行って、すぐに効果が現れ、すぐにいろいろな経験をするわけではありません。いくら、音響的な誘導があったとしても、トレーニングが必要なんですね。

トレーニングとは、練習のことであり、それらを積み重ねることです。毎回毎回ほんの些細な経験を積み重ねること。まったく成果もなく、寝てしまい、何にも感じなり。いつも真っ暗闇の中で終わってしまう。

 

「私にはセンスがないのかも?」

「私にはあわないのかも?」

 

そう思ってしまうのもわかります。私も、実際まったく何の効果を感じない時期がかなりありましたから。ヘミシンクの経験ブログなどを読んでいると、本に素晴らしい体験記を書かれている人もいます。ですが、その人たちでさえ、まったく効果を感じない日々の経験をしています。(ただ、記事にもならないから書かないだけでしょうが)

ですから、なんどもなんども、CDを聴きこんで、フォーカス10.12.15.21を繰り返し繰り返し経験し、身体で覚えさせることが大切なんです。

ノンヘミという言葉があります。これはヘミシンクのCDを使わずに、フォーカス10などの領域へ行くこと。これは、身体が覚えているからいけるんですね。自分で自分の身体の感覚で思い出せるようになれば、自分の意思でそこに行けるようになるんです。

なんども、言いますが、積み重ねです。

 

プロ野球、現役バリバリの選手でさえ、素振りの練習をします。
その選手は野球を始めてどれくらいの素振りの回数をしているのでしょうか?ヘミシンクとて同じです。ちょっと聴いただけで最大の効果なんで体験できません。試行錯誤の中で、小さな積み重ねが結果として、すばらしい経験をさせてくれるのです。

ヘミシンクのCDは練習のための道具だと割り切り、小さな練習を積み重ねてみてください。数ヶ月後、驚くべき結果となるでしょう。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ