イメージ画像

5 わかるという感覚

ヘミシンクの効果を上げるために必要な9つの方法

5つ目は、「わかるという感覚」を大事にする。です

 

ヘミシンクの体験をするときに、多くの人は「見えること」視覚に集中してしまいます。映像が浮かんでくると願い、そこに集中してしまうんですね。多くの人はヘミシンクの効果を話すときの多くが視覚的表現なことも理由にあるかもしれません。

しかし、視覚に集中するということは、この物質社会に依存しているということです。

実際には、誰かがいる気配を感じたり、匂いがしたり、味を感じたり、肌で風を感じたりすることもあります。ですから、視覚だけにこだわらない方が多くのヘミシンクの効果を体験することができます。

ですが、それらの体験のもとはすべて、インスピレーション的に「わかる」といういわゆる直感やひらめき、覚知などから始まる体験です。

 

これは、何かに依存することなく、求め選ることなく、ただ、わかろうと準備をしておく。これも取っても大切なことなんです。

ただ純粋に「わかる」ことを待っている。その信号を逃すことなく待っている。そんな意識も大事なんです。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンク効果を上げる9つの方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ