イメージ画像

ヘミシンクを損失なしで取り込む方法

前回は、ヘミシンクとMP3の話をしました。
ヘミシンクをやるにはやっぱりMP3は向いていない。ということですよね。

では、MP3が使えないとしたら、どうすればいいのか?

今回は

・ aicon365.gifヘミシンクを無圧縮で損失なしでパソコンに取り込む方法

の話をします!!

 

まず、ヘミシンクの音声を損失なし(無圧縮)で取り込む方法です

CDの音声データを無圧縮でとりこむには、CDの音声をWAVE(ウェーブファイル)形式として取り込みめばOKなんです。マックを使っている方はAIFF(アイフ)という形式で取り込みます。

 

それでは実際に取り込む方法ですが、一番簡単なのは

iTunes(アイチューンズ)を使います。
http://www.apple.com/jp/itunes/


このiTunesは、アップルが開発し無料配付している、メディアプレイヤーで通常、iPodなどの管理などに使われています。iPodを使っていれば必須のソフトですが、iPodを使っていなくてもいろいろと利点がありますので、ぜひ、パソコンにセットアップしてください。

 

maru01.gifmaru01.gif

パソコンにiTunesのセットアップが終わりましたら、iTunesを起動して
ドライブにヘミシンクのCDを入れます。

ヘミシンク iTunes 取り込み

CDを入れますと、左の欄に「デバイス」という表示が現れ、このように、CDの内容が表示されます。

そうしましたら、「インポートの設定」をクリックしてください。

 

iTunesの設定

インポートの設定の中、「インポート方法」のプルダウンメニューを表示させ

WAVエンコーダ」を選んでください。

マックの場合には、WAVエンコーダは無いかもしれません。その場合は「AIFFエンコーダ」を選んでください。

OK」ボタンを押します。

 

iTunes リッピングの方法

 

設定が終わりましたら、ウィンドウの右下「CDをインポート」を押せば、
取り込み作業(リッピング)が開始されます。

 

iTunesの利点は、設定が簡単なことと、
取り込んだ音声の名前を、ネットから自動で取得する能力がたけている点です。

じつは、Windowsの場合、メディアプレイヤーでも取り込み作業ができます。
ですが、リネーム(名前を自動で書き変えてくれる)が非常に悪いんです。
iTunesでのリネームは完璧とは言い難いですが、若干の修正でOKなので助かります。

 

ちなみに、ゲートウェイ・エクスペリエンスのCD18枚をすべてパソコンに取り込むと
12.5GBの容量が必要です
のでご注意ください。

 

次回は、「じゃあ取り込んだデータをどうやって活用するんだ?
という話をします。w01.gif


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ