イメージ画像

ヘミシンクのMP3化と効果について

今回はヘミシンクのMP3化について書きたいと思います。

そもそもMP3とはなんでしょうか?
MP3とは、デジタル技術によって音響データを圧縮するための技術です。

通常、音楽CDは1411.2kbpsで収録されています。
それを人が聞き取れないであろう音域をカットして、データ容量を小さくすることで、多くの音楽を持ち歩けるようにしました。それがMP3です。

 

では、ヘミシンクの音声をMP3化(圧縮)しても効果があるのでしょうか?

ハート出版:ヘミシンク完全ガイドブックでは

192kbps以上のビットレートで保存することによって、ヘミシンク効果を損なうことなくデータを圧縮できます」との記述があります。

 

ですが、これは日本のアクアヴィジョンアカデミーだけの見解であり、モンロー研究所はそのようなアナウンスは一切していません。

 

少し考えてもらいたいのですが

CDは 1411.2kbps 
MP3は 192kbps

700MBのデータが30MB以下、データ容量で20分の1になります

もっと、分かりやすく言うと

 

無駄な音95%をカットしました!! ga-n01.gif
ということになります。

 

ですので、

私の見解としては ヘミシンクMP3化で効果はあるかもしれないけど100%ではない。

 

もし、あなたがヘミシンクを最短の時間で最大の効果を望むならMP3はやめた方が良い。 そう思います。

 

実際、MP3で圧縮された音声と無圧縮の音声で聞き比べをしたのですが、体感的にまったく違いました。(あくまでも個人的の感想ですよ)

 

では、どうすればいいのか?

簡単です。
無圧縮でCDからデータを取り込めばよいのです!!

 

次回は、そのお話をいたします♪w01.gif


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

| コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ヘミシンクのMP3化について

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ